ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」」カテゴリーアーカイブ

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳70

第8章 未来:いくつかの個人的考察(1)  ムーニーたちの中における性と結婚に関する扱いは、新宗教としての統一教会の未来にとって、そしてより広くてさほど明らかでない意味において、主流のアメリカ社会における性と結婚に関する … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳69

第7章 分析と発見(12)  第一の発見は、この特定の宗教グループが性倫理、性的役割、および結婚をどのように扱っているかを象徴する特定の「パターン」を全体として明らかにすると思われる構造、意味、態度及び行動の文書化によっ … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳68

第7章 分析と発見(11)  より核心に触れているのは、この非常に分かりやすい発言である: 「インタビュー以来の過去6カ月間に、私の相対者と私はお互いをより深く愛し、より深く知るようになった。ある意味で私は彼女と結婚した … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳67

第7章 分析と発見(10)  「非主流の」宗教に回心し入会することに対する理解の支配的な傾向性は、心理学的還元主義の説明を提供することであった。これはより大衆的な暴露型の著作物(注54)にだけでなく、最近の学問的文献(注 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳66

第7章 分析と発見(9)  にもかかわらず、翻訳は創造ほどは複雑ではない。統一運動のカップルは、修練期間中に内面化された既成の意味世界をすでに持っている。したがって、彼らの関心は「なにか」に関することではなく、「いかに」 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳65

第7章 分析と発見(8)  男と女が「他人」であるというのは、非常に異なる社会的背景から来ているという意味ではなく、(以前の社会における配偶者とは異なり)彼らは異なった「会話の領域」から出てくるという意味である。この言い … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳64

第7章 分析と発見(7)  統一運動をその制限された官僚制度および神の真の家庭としての宗教共同体の神学的強調という両方の側面から調べるとき、それが上記の献身構造をどのように効果的に実施できるのかを理解することができるであ … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳63

第7章 分析と発見(6)  平均的な統一教会信者にとっては、家族としての生活とそれに伴うすべての受容、暖かさ、安心感があまりに主要な関心事であるため、彼らは統一運動の権力構造に対してはほとんど意味を見出さない。また彼らは … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳62

第7章 分析と発見(5)  文師がそのようなカリスマ的人物であることは疑念の余地がなく、彼の人格と超人的であるとみなされているその資質は、ほとんどの統一教会信者のグループに対する継続的な献身において重要な要因となっている … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳61

第7章 分析と発見(4)  加えて、「儀式を通じて人々は純粋に感情的な方法で一体感を覚える機会を持つ。」(注24)さらに、これが祝福の儀式に大きく関係するのである。 「ピーター・ウォーリーは、・・・感情的熱狂は慣習を意図 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」