ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」」カテゴリーアーカイブ

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳17

第3章 性に関する価値観:婚前の性行為と同性愛(1)  統一運動の倫理的価値観、とりわけ性に関する価値観はその神学から導かれ、またそれによって正当性を与えられる。伝統的なキリスト教道徳の全般的な遵守に加えて、グループの良 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳16

第2章(9)  統一神学と統一教会のメンバーの態度および行動の関係は、複雑かつ逆説的である。この複雑さは、主として私のインタビュー対象者のおよそ半分がグループの神学に対する詳細な知識だけでなく、神学と実践がダイナミックな … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳15

第2章(8)  ちょうど体が神を中心とする心によって主管されるように、心もまた活動的で健康的な体からの刺激を必要とする。したがって、心の復帰は、一部には体の復帰に依存している。神の前に実現すべき理想としての心と体の相互依 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳14

第2章(7)  第二祝福の具体的な表現としての結婚は、最も重要な統一教会の儀礼であり、神学的には統一教会の救済論のまさに中心に位置している。個性の完成が近づいてきたら、その個人はメシヤから第二祝福を受けるにふさわしい程度 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳13

第2章(6) 復帰の教義  「人間は、何人といえども、不幸を退けて幸福を追い求め、それを得ようともがいている。」(注55)原理講論の冒頭に出てくるこの文章に、統一教会の復帰の教義のカギを見いだすことができる。堕落した状態 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳12

第2章(5)  アダムとエバの罪が性的なものであったことは、文師の説教の一つにおいても明らかである。それは「男と女の関係」という題がつけられたもので、1973年に一人の信頼する男性信者が不倫の罪を犯した直後の説教である。 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳11

第2章(4)  最初の罪または原罪は、アダムとエバが第一祝福を完成する前段階の「長成期完成級」にさしかかったときに発生した。理想的には、 「アダムとエバは、共に完成して、神を中心とする永遠の夫婦となるべきであった。ところ … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳10

第2章(3)  統一神学における夫婦愛の神聖化は、運動における結婚に対する全般的なアプローチと結婚に対する個人の態度を理解する上で重要な意味合いを持っている。これらの意味合いはおもに第5章で扱われるであろう。  第三祝福 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳09

第2章(2) 原理講論の神は永遠に自存する絶対者であり、その万有原力は神が存在するための根本的な力であると同時に、創造のための根本的な力である。(注11)被造物の中で作用して、この力は創造のプロセスにおける「授受作用」を … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳08

第2章(1) 統一運動の神学は、このグループの性と結婚に対する理解に思想的枠組みを提供している。このグループにとっての神学の重要性は、いくつかの点で明らかである。(注1)第一に、メンバー候補者や新しいメンバーに対してなさ … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」