ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」」カテゴリーアーカイブ

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳10

第2章(3)  統一神学における夫婦愛の神聖化は、運動における結婚に対する全般的なアプローチと結婚に対する個人の態度を理解する上で重要な意味合いを持っている。これらの意味合いはおもに第5章で扱われるであろう。  第三祝福 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳09

第2章(2) 原理講論の神は永遠に自存する絶対者であり、その万有原力は神が存在するための根本的な力であると同時に、創造のための根本的な力である。(注11)被造物の中で作用して、この力は創造のプロセスにおける「授受作用」を … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳08

第2章(1) 統一運動の神学は、このグループの性と結婚に対する理解に思想的枠組みを提供している。このグループにとっての神学の重要性は、いくつかの点で明らかである。(注1)第一に、メンバー候補者や新しいメンバーに対してなさ … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳07

第1章(5) 因果律の問題に加えて、この仮定の三つの重要な言葉をさらに明確化する必要がある。「性(Sexuality)」という言葉は厳密な生物学的意味で使われているわけではなく、また例えば性交のような特定の性的活動のみを … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳06

第1章(4) 統一運動もまた、19世紀の先駆者たちのように、アメリカの伝統からすれば際立った、独自の複雑な性と結婚に対するアプローチを形成した。上記のルカ伝の聖句(訳注:「この世の子らは、めとったり、とついだりするが、か … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳05

第1章(3) 長年にわたって宗教と社会と性の関係について調査した結果、私は宗教が持つ非常に重要な社会機能のひとつが、結婚生活が人間の共同体のさまざまなニーズに役立つように、結婚生活における性的表現を形成する役割であるとい … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳04

第1章(2) 10.聖書。旧約聖書と新約聖書は、神の人類に対する漸進的な啓示の記録である。聖書の目的は我々をキリストへと導くことにあり、神の心情を明らかにすることにある。真理は唯一、永遠、不変であり、したがって神からの新 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳03

第1章(1) 世界基督教統一神霊協会(以下、統一運動と呼ぶ)は、1954年に韓国で公式に設立され、初めに日本に、次に米国に伝わり、今日では120カ国に300万人の信徒を有すると主張している。第二次世界大戦後の韓国に現れた … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳02

序文 1982年10月14日、韓国ソウルにおいて、物議を醸しだしている統一教会の創設者でありトップである文鮮明師は、夫人とともに、彼の信者11674名(5837組)の合同結婚式を行った。この行事から三カ月余り前の7月1日 … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」

ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」日本語訳01

今回より、アメリカの宗教社会学者、ジェームズ・グレイス博士が1985年に出した著作“Sex and marriage in the Unification Movement(統一運動における性と結婚)“の日本語訳をアップ … 続きを読む

カテゴリー: ジェームズ・グレイス「統一運動における性と結婚」