月別アーカイブ: 2018年6月

韓国の独立運動と再臨摂理シリーズ21

 先回は「金日成4人説」とそれに対する反論を紹介し、徐大粛の著書『金日成』に基いて彼の略歴を紹介し始めました。彼は1930年ごろから中国で共産主義のゲリラ運動に関わるようになり、一兵士として闘争の中で共産主義思想を体得し … 続きを読む

カテゴリー: 韓国の独立運動と再臨摂理

書評:櫻井義秀・中西尋子著『統一教会』118

 櫻井義秀氏と中西尋子氏の共著である『統一教会:日本宣教の戦略と韓日祝福』(北海道大学出版会、2010年)の書評の第118回目である。 「第Ⅱ部 入信・回心・脱会 第七章 統一教会信者の信仰史」  元統一教会信者の信仰史 … 続きを読む

カテゴリー: 書評:櫻井義秀・中西尋子著『統一教会』

韓国の独立運動と再臨摂理シリーズ20

 先回は、東満におけるパルチザン部隊と日本の治安部隊が激しく闘争している状況下で、日本側の資料の中に、1935年末ごろから金日成(キム・イルソン)という名前が登場し始めたことを説明しました。彼は東北抗日聯軍に属する100 … 続きを読む

カテゴリー: 韓国の独立運動と再臨摂理

書評:櫻井義秀・中西尋子著『統一教会』117

 櫻井義秀氏と中西尋子氏の共著である『統一教会:日本宣教の戦略と韓日祝福』(北海道大学出版会、2010年)の書評の第117回目である。 「第Ⅱ部 入信・回心・脱会 第七章 統一教会信者の信仰史」  元統一教会信者の信仰史 … 続きを読む

カテゴリー: 書評:櫻井義秀・中西尋子著『統一教会』

韓国の独立運動と再臨摂理シリーズ19

 先回まで共産主義者たちによる韓国独立運動の歴史を述べてきました。李東輝、呂運亨、朴憲永などのリーダーがいましたが、彼らの運動は日本の当局による激しい取り締まりと、内部抗争により、韓国の国内でも、ソ連でも、中国でも衰退し … 続きを読む

カテゴリー: 韓国の独立運動と再臨摂理