月別アーカイブ: 2012年8月

宗教学者による「マインド・コントロール理論」批判

 まず、原告の主張した「強制的説得理論」は、科学的学会では認められていない、非常に突飛な理論であるとしています。原告およびマインドコントロール論者は、「統一教会の伝道、あるいはカルトの伝道によって自由意志が剥奪された」と … 続きを読む

カテゴリー: 「カルト」および「マインド・コントロール」に関する批判的考察

法廷で否定された「マインド・コントロール」

 アメリカにおける「洗脳理論」、あるいは「マインド・コントロール理論」の代表的な理論家にマーガレット・シンガーという人がいます。彼女は、「詐欺的で間接的な説得と支配の方法」(DIMPAC)に関する報告書を提出しています。 … 続きを読む

カテゴリー: 「カルト」および「マインド・コントロール」に関する批判的考察

強制改宗を正当化する「マインド・コントロール」

 さて、マインド・コントロール論者の見解によると、古典的な「洗脳概念」と「マインド・コントロール概念」は、明確に違うものを指しています。「洗脳」とは、「物理的監禁や、拷問、薬物や電気ショックなどを含めた強制的な方法で、人 … 続きを読む

カテゴリー: 「カルト」および「マインド・コントロール」に関する批判的考察

「マインド・コントロール」と「洗脳」

第2章:「マインド・コントロール理論」の非科学性  次に、「マインド・コントロール理論」の概要とその批判について説明します。現在、社会の中に「統一教会はマインド・コントロールを行なっている」といった批判があることは事実で … 続きを読む

カテゴリー: 「カルト」および「マインド・コントロール」に関する批判的考察

大学による「カルト」の認定

 では、「大学によるカルトの認定」はどうなのでしょうか。大学当局は、「信教の自由がありますので宗教団体、宗教そのものを問題にしてはいません」と、主張しています。基本的に、「学内で宗教活動を行ってはいけない」といった法律は … 続きを読む

カテゴリー: 「カルト」および「マインド・コントロール」に関する批判的考察