神道と再臨摂理シリーズ」カテゴリーアーカイブ

神道と再臨摂理シリーズ12

<教派神道>  明治政府が確立しようとした「国家神道」は、初期の段階では「大教宣布の詔」(明治3年)が発布されたり、神祇官や宣教使が置かれるなど、国家公務員が積極的に神道の教えを国民に説教して回るという形で展開されました … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ11

 今回は「国家神道」に関する基本的な事実を紹介します。国家神道とは、明治政府が中央集権国家の確立を目的として、天皇中心の祭政一致国家を建設するために形成した国家の宗祀(そうし)のことです。国家神道は途中で大きく方向性を転 … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ10

 仏教が日本に受容される過程において、土着の信仰である神道としだいに融合していき、神と仏を一緒に祀るようになった現象を「神仏習合」と呼ぶことは既に説明しましたが、これは思想的に①神身離脱説、②本地垂迹説という二段階で発達 … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ09

 仏教が日本に受容される過程において、土着の信仰である神道としだいに融合していき、神と仏を一緒に祀るようになった現象を、「神仏習合」といいます。 <神身離脱説>  神仏習合は、思想的にいくつかの段階を経て進行していきまし … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ08

 神道は日本の土着の信仰ですが、その歴史を概観してみれば、仏教や儒教などの外来の思想や宗教から影響を受けてきたことが分かります。縄文時代から現代に至るまで、神道が歩んできた歴史的な変遷と、それに影響を与えた他の宗教や思想 … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ07

 「神道と再臨摂理」シリーズの第7回目です。今回は記紀の神話の終わりの部分について解説します。記紀の神話の目的は、神々に関する物語が最終的に皇室に繋がっていることを示すことにより、天皇の正統性と権威を示すことにあります。 … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ06

 「神道と再臨摂理」シリーズの第6回目です。今回は記紀に記された神話に基づき、古代日本人が天地の始まりと神々についてどのように考え、自分たちの住む世界をどのようにとらえていたのかを解説します。 <天地の創造と神々>  古 … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ05

 「神道と再臨摂理」シリーズの第5回目です。先回から「記紀」に記された神道の神話を紹介しはじめました。先回は、①日本列島の誕生(伊邪那岐と伊邪那美)と②黄泉の国の訪問(伊邪那美の死と夫婦の別れ)を扱ったので、今回はその続 … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ04

 「神道と再臨摂理」シリーズの第4回目です。今回から「記紀」に記された神道の神話について解説します。神話が扱っている主な出来事は以下の通りです。 ①日本列島の誕生(伊邪那岐と伊邪那美) ②黄泉の国の訪問(伊邪那美の死と夫 … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ

神道と再臨摂理シリーズ03

 「神道と再臨摂理」シリーズ3回目です。今回は、神道の根本である「祭」と、神道の経典である「神典」について説明します。 <祭とは何か?>  神道や神社の根本は「祭」であると言えます。「祭」の語源は「奉る(捧げる)」という … 続きを読む

カテゴリー: 神道と再臨摂理シリーズ