投稿者「admin」のアーカイブ

アイリーン・バーカー『ムーニーの成り立ち』日本語訳74

第9章 感受性(6) 宗教的な要因 第3章で論じたように、統一教会がいかに「機能する」のかを理解するためには、(何よりも)それを一つの宗教運動としてアプローチしなければならない。このことは、ある人々は捕えるが他の人々は捕 … 続きを読む

カテゴリー: 「ムーニ―の成り立ち」日本語訳

宗教と万物献祭シリーズ03

伝統宗教における万物献祭③ このシリーズでは、宗教における供え物、献金、布施、喜捨などを一括して「万物献祭」と呼び、こうした行為が伝統宗教において広く行われており、信仰者の義務あるいは美徳として高く評価されてきたことを明 … 続きを読む

カテゴリー: 宗教と万物献祭

アイリーン・バーカー『ムーニーの成り立ち』日本語訳73

  第9章 感受性(5) 前章で述べたように、人生のある時点で、大部分の回答者たちは一時的な「落ち込み」(幸福感、満足感、自信などにおける)を経験したのであるが、ムーニーになるような者たちは、他の回答者よりも長 … 続きを読む

カテゴリー: 「ムーニ―の成り立ち」日本語訳

宗教と万物献祭シリーズ02

伝統宗教における万物献祭② このシリーズでは、宗教における供え物、献金、布施、喜捨などを一括して「万物献祭」と呼び、こうした行為が伝統宗教においても新宗教においても広く行われており、信仰者の義務あるいは美徳として高く評価 … 続きを読む

カテゴリー: 宗教と万物献祭

アイリーン・バーカー『ムーニーの成り立ち』日本語訳72

第9章 感受性(4) 全回答者の過半数が、自分たちは両親と良好な関係を持っていたと述べた。ムーニーは親と「非常に親密」よりも「友好的」だったという傾向がやや高かった。そして対照群よりも多くのムーニーが、(特に父親について … 続きを読む

カテゴリー: 「ムーニ―の成り立ち」日本語訳

宗教と万物献祭シリーズ01

伝統宗教における万物献祭① 先回まで続いた「日本人の死生観と統一原理」のシリーズに続いて、今回から「宗教と万物献祭」のシリーズが始まります。そもそも、この二つをテーマとして扱う動機となったのは、統一教会に対する代表的な批 … 続きを読む

カテゴリー: 宗教と万物献祭

アイリーン・バーカー『ムーニーの成り立ち』日本語訳71

第9章 感受性(3) 年齢以外の最も顕著な相違は(それと関連してはいるけれども)、入会する前に結婚していたフルタイム・メンバーは7%以下だったが、ホームチャーチ会員で「結婚していなかった」のは5分の1に過ぎなかったことで … 続きを読む

カテゴリー: 「ムーニ―の成り立ち」日本語訳

日本人の死生観と統一原理シリーズ05

(5)真の死生観を求めて これまで四回にわたり、日本人の死生観に影響を与えた思想としての古代インドの思想と古代中国の思想、日本固有の死生観、そしてキリスト教の死生観について説明してきました。それぞれ主張する内容に違いはあ … 続きを読む

カテゴリー: 日本人の死生観と統一原理

アイリーン・バーカー『ムーニーの成り立ち』日本語訳70

第9章 感受性(2) 英国と米国(注7)における男女比は、2対1で男性が多い。(しかし、これは必ずしもヨーロッパの全ての国で見られるパターンではない)。男女比と年齢分布は既成の教会とは著しく異なっている。既成教会では、英 … 続きを読む

カテゴリー: 「ムーニ―の成り立ち」日本語訳

日本人の死生観と統一原理シリーズ04

(4)キリスト教の死生観 これまで三回にわたり、日本人の死生観に大きな影響を与えた外来思想である古代インドの思想と古代中国の思想、そして日本固有の死生観である「祟り」と「先祖祭祀」について説明してきました。今回説明するキ … 続きを読む

カテゴリー: 日本人の死生観と統一原理